鹿児島で弁護士をお探しなら、鹿児島県弁護士会所属のアイビスクラクス法律事務所へ

代表弁護士 福永憲章 プロフィール

president3

昭和46年鹿児島県鹿屋市専業農家の長男として誕生

平成2年3月鹿児島県立鹿屋高校卒業

平成8年3月一橋大学法学部卒業

平成13年4月最高裁判所司法研修所第55期司法修習開始

平成14年10月鹿児島県弁護士会登録 アーバンリバティス法律税務事務所入所  

 

 

事務所外での活動

昭和46年鹿児島県鹿屋市生まれ
専業農家の長男。やせっぽっちの体型ながら、小学5、6年生の2年間は柔道スポーツ少年団に所属。試合開始15秒で、10㎝以上身長の低い相手に見事に背負い投げで投げられ、気づいたら床に仰向けになっていたことあり。不思議と全く痛みもない。なんとその相手は県代表にもなるような凄腕だった。そのとき悟ったこと。

「本当に強い人は、闘う相手に何の痛みも感じさせずに負かすことができる」

 

 

中学に入り、バレーボールを始める。当時流行っていた「ロンパン」といわれるブカブカの体育パンツを穿き練習に励むも、一つ上の憧れの先輩女生徒から「あんたけっこう脚短いよね」と言われショックを受ける。そのとき悟ったこと。

「自分の目と世間の目は違う」

 


平成2年3月鹿児島県立鹿屋高校卒業
高校3年間をバレーボールに捧げつつ、周りに押しつけられて生徒会長に立候補、そして当選。そのとき悟ったこと。

「5%の意思で決まってしまう民主主義もあるんだ」

 

 

平成8年3月一橋大学法学部卒業
懲りずにバレーボール部に所属。しかも体育会系。180㎝、190㎝がぞろぞろいる中、174㎝で奮闘。ブロックに跳べども跳べども、相手のエースはそれをあざ笑うかのようにその更に上から打ち込んでくる。そのとき悟ったこと。

 「どんなに経験を積んで頑張ってみても、人には向き不向きがある」

 

 

平成13年4月最高裁判所司法研修所第55期司法修習開始
裁判官になりたいと目指した司法試験。受かってみると「やっぱ故郷の役に立たなきゃ」という思いに突然駆られ、鹿児島で弁護士になることに。そのとき悟ったこと。

「計画通り行かないこと、それもまた人生」

 

 

平成14年10月鹿児島県弁護士会登録
アーバンリバティス法律税務事務所入所。退所する平成24年までに約1000件の示談交渉事件、訴訟・審判・調停事件に対応。受けた法律相談はその倍以上になると思われる。鹿児島県弁護士会での主な活動として、人権擁護委員会委員長、国際委員会委員長、弁護士会副会長(会報委員会委員長兼任)などを経験。弁護士としての活動の傍ら、鹿児島青年会議所に入会し、地域貢献活動に勤しむ(H15 ~ H23)。宇宙を活かしたまちづくり委員会委員長(H18)を経験したことから、今でも種子島や内之浦からロケットが発射されると聞くと、妙にウキウキ。同会議所の理事役員を平成22年まで5年間務める中で、仕事終わりに夜中の12時、1時頃まで、鹿児島のまちづくりについて「あぁでもない、こうでもない」と、今思うと赤面したくなるくらい純粋に、青臭い議論に没頭したことも。そのとき悟ったこと。

「深夜1時の自分と、翌朝9時の自分は違う。それでも両方自分。」

 

 

その他、次のような公的活動にも従事。
姶良病院医療観察法病棟外部評価会議委員
鹿児島県留置施設視察委員会委員
鹿児島県精神医療審査会委員

 

平成24年4月留学のため上記事務所退所

 

平成27年9月豪州RMIT 大学EMBA(経営学修士経営幹部向けコース)取得
10年間こつこつ貯めた貯金をはたいて、家族を伴いオーストラリアへ。MBAのあまりのハードさに、留学前にボンヤリ抱いていた“カンガルーと戯れるバラ色の留学生活(笑)”は露と消え、元々太ってるわけでもないのにストレスから3ヶ月で6キロ痩せる。その分、MBAの経験で得たものがとてつもなく、予想以上に大きかったことは嬉しい誤算。そして、家族ぐるみで知り合いになった、現地の人々(オーストラリア生まれの人々だけでなく、タイ、アイルランド、中国、インドなど様々な国で生まれた人々)から聞くそれぞれの国の話は興味深く、何より、その温かさに触れたことは一生忘れられない宝物に。そのとき悟ったこと。

「人生に苦難があるとすれば、宝物を見つけるために通らなければならない道を通ることではなく、その道を恐れて立ち止まってしまうことだ。」

 

平成27年10月アイビスクラクス法律事務所設立

 

 

 

弁護士 梅木隆行 プロフィール

梅木隆行

昭和54年鹿児島県日置市の会社員の長男として誕生

平成10年3月鹿児島県立鹿児島中央高校卒業

平成14年3月熊本大学法学部卒業

同年 飲食店と電気店にて契約社員として勤務

平成19年司法書士試験合格

 

平成20年司法書士法人LegalFlag入所

平成23年司法書士として働きながら鹿児島大学法科大学院入学

平成25年鹿児島大学法科大学院卒業

平成27年11月LegalFlag退所、最高裁判所司法研修所第69期司法修習開始

平成28年12月鹿児島県弁護士会登録アイビスクラクス法律事務所入所

 

事務所外での活動

昭和54年鹿児島県日置市生まれ

脳天気で何も考えず、遊び回っている子供で、水泳、ソフトボールが好きな子だった。中学生の時はソフトテニス部に入部し、キャプテンを務める。

 

平成10年3月鹿児島県立鹿児島中央高校卒業
新しいもの好きな性格で都会に憧れを持っていたので、地元の高校ではなく鹿児島市内の鹿児島中央高校へ進学。当時流行っていたスラムダンクに憧れ、バスケットボール部に入り、3年間補欠をまっとうした。スラムダンクの主人公の桜木花道は、素人でバスケットボールを初めて活躍していたから、俺もできるはず、と思っていたが、全く通用せず。

 

平成14年3月熊本大学法学部卒業
高校生の頃、好きな女性が福岡市内の大学に進学するということで、追いかけようとして九州大学に進学しようとしたが不合格になり、女性にもフラれ、運良く合格できた熊本大学へ進学。熊本では、失恋も忘れ、青春を謳歌していたが、事故にあうなどのトラブルに巻き込まれる。

この頃、人生は順風満帆なんてことはない、いつ何が起こるか分からない、と思うようになり、自分でリスクに備えて人生を切り開いていかなければならない、と強く思うようになる。

 

平成14年 飲食店と電器店にて契約社員として勤務
実力主義の法律家になろうと思い、法律の勉強を開始したが、金銭的に苦しく契約社員として働きながら勉強をしようと決意。居酒屋で厨房の仕事と、電器店での家電販売をして生活する。居酒屋での仕事で料理を学び、家電販売でセールスを学ぶ。

 

平成19年司法書士試験合格

平成20年司法書士法人LegalFlag入所
熊本で働きながら勉強には限界があると考え、鹿児島に戻り実家で働きながら勉強を行い、司法書士試験に合格。縁あって、司法書士法人LegalFlagに入所。

 

平成23年司法書士として働きながら鹿児島大学法科大学院入学

平成25年鹿児島大学法科大学院卒業
破産手続きや企業法務をもっと業務として行いたいと考え、業務範囲を広げるために弁護士資格を取得しようと決意し、鹿児島大学法科大学院へ入学。この頃、結婚し、平成25年には子供も生まれ、多忙を極める。睡眠時間が激減し、10秒で眠るスキルを身につけ、妻から「ドラえもんに出てくるのび太じゃん」と言われる。

 

平成27年11月LegalFlag退所、最高裁判所司法研修所第69期司法修習開始
2回目の受験で司法試験に運良く合格し、ギリギリまで働きそのまま司法修習へ。

 

平成28年12月鹿児島県弁護士会登録アイビスクラクス法律事務所入所
EMBA取得のために弁護士を休業し、留学した福永憲章弁護士に憧れ、さらに法律だけではなく、コンサルタントとしても企業をサポートしようとする事務所方針に惹かれ、アイビスクラクス法律事務所に懇願して入所。

思えば、失敗だらけの人生だったが、失敗や辛かったことを忘れるのが得意であり、繰り返しチャレンジしてきたことだけが自分の取り柄だと再確認した。白髪も増え、近眼が進んできたが、これからも弁護士としてがんばろうと決意した。